太陽の末裔

ソンヘギョ出演ドラマ作品一覧を人気ランキング形式で徹底紹介【2023年版】 

ソンヘギョ 出演ドラマ 作品 一覧 人気 ランキング 2023
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

1996年に韓国ドラマ『初恋』で女優としてデビューしたソンヘギョさん。

そんなソンヘギョさんは、衣類のモデルの選抜大会で大賞を受賞しその後、ファッション雑誌やCMなどでモデルとしても大活躍。

その後、ソンヘギョさんは、女優としてデビューし、2000年の秋の童話のウンソ役で人気上昇しました。

そんなソンヘギョさんの出演ドラマの作品一覧って気になりませんか?

ぴよ吉
ぴよ吉
うんうん、なるなる♪

また、そんなドラマの2023年版のドラマ人気ランキングも気になりますよね?

そこで今回は、ソンヘギョさん出演ドラマ作品の一覧と2023年度版人気ランキングをお届けしていきますのでお楽しみに♪

 

ソンヘギョ出演ドラマ作品徹底調査!

冒頭でもご説明しましたように、ソンヘギョさん出演ドラマについてお調べしました。

ソンヘギョさんは、モデルとして1996年から活動し、その後女優としてドラマや映画などでも大活躍!

そんなソンヘギョさんは、2010年には、米映画専門サイトで最も美しい顔トップ100で、18位になり、これは、韓国人初のランクインしています。

本当にソンヘギョさんは、美しいですよね?

では早速ですが、ソンヘギョさんの出演したドラマを見ていきましょう!

 

出演ドラマ作品一覧をご紹介♪

では、早速ソンヘギョさんが出演したドラマを一覧にしましたので見ていきましょう!

タイトル 放送年 放送 役柄
初恋 1996〜1997年 KBS ジョンア役
パートナー 1998年 SBS ???
行進 1998年 SBS ソンヘギョ役
恐怖の瞳 1998年 SBS オ・ジョンア役
白夜3.98 1998年 SBS チョンヒョンの少女時代役
私、どう? 1998年 SBS イェリン役
6人の兄弟 1998〜1999年 MBC チェ・ウンシル役
甘い新婦 1999年 SBS キム・ヨンヒ役
順風産婦人科 1999年 SBS オ・ヘギョ役
秋の童話 2000年 KBS チェ・ウンソ役
守護天使 2001年 SBS チョン・ダソ役
ホテリアー 2001年 MBS キム・ユンヒ役
オール・イン運命の愛 2003年 KBS ミン・スヨン役
サンシャイン・オブ・ラブ 2004年 SBS チ・ヨヌ役
フルハウス 2004年 KBS ハン・ジウン役
彼らが生きる世界 2008年 KBS チュ・ジュニョン役
その冬、風が吹く 2013年 SBS オ・ヨン役
太陽の末裔 2016年 KBS カン・モヨン役
ボーイフレンド 2018〜2019年 TvN チャ・スヒョン役
今、別れの途中です 2021年 SBS ハ・ヨンウン役
ザ・グローリー〜輝かしき復讐〜 2022年 Netflix ムン・ドンウン役

ソンヘギョさんは、女優デビューして今年で27年目になります。

そんなソンヘギョさんは、27年間に21本のドラマと10本の映画に出演

2000年の秋の童話でソンヘギョさんは、初主役として出演し、このドラマがきっかけで人気上昇しました。

実は、私は、ユンソクホ監督の四季シリーズから韓流ドラマにハマり、もちろん秋の童話も視聴!

しかし、ソンヘギョさんが、出演していたことは、認識しておらず、太陽の末裔のドラマで知りました。

皆さんは、ソンヘギョさんという女優を認識したドラマは、なんでしたか?

 

ソンヘギョ主演ドラマ人気ランキング形式でご紹介!

ここまでは、ソンヘギョさんが、1996年にデビューしてから21本のドラマと10本の映画に出演をしていることお伝えしました。

では、そんなソンヘギョさんの出演ドラマの人気ベスト5は、どんなドラマなのでしょうか。

あくまでも私の好きなドラマベスト5ですのでご理解下さい!

しかし、他のサイト様でもだいたい同じような順位でしたので、きっと皆さんとも同じなのではないでしょうか。

早速見ていきましょう!

 

Best1:太陽の末裔・全16話(2016年)

韓国ドラマ「太陽の末裔」は見知らぬ土地での極限の中で、愛と成功を夢みる若い軍人と医師らを通して、人生の価値とは何かを問うヒューマンラブストーリー。

出典元:https://www.wowkorea.jp/

2016年大ヒットドラマ『太陽の末裔』は、たくさんの胸キュンシーンで視聴者の心を魅了された人も多いのではないでしょうか。

当時、ソンジュンさんの除隊後初出演と2年ぶりのソンヘギョさんのドラマ復帰作ということもあり大変注目されました。

このW主演がきっかけで、恋愛に発展し結婚までしたソンソンカップルも有名。

さすが最高視聴率41.6%をマークしただけあり、今でも『太陽の末裔』ファンに愛されているドラマです。

ぴよ吉
ぴよ吉
数々の印象的なキスシーンや名言を残したのであります♪

 

Best2:ボーイフレンド・全16話(2018年)

一度も自分の人生を歩むことができなかった女性と平凡な日常を幸せに、大切に生きる純粋な青年の偶然の出会いから始まるラブストーリー。

出典元:https://www.wowkorea.jp/

パクボゴムさんとソンヘギョさん主演の儚いおとなのラブストーリーで、景気や音響がとても素敵なドラマボーイフレンドでした。

私自身も、キューバの夕焼けはとても印象的で、ドラマのストーリーは、もちろん素敵な景色に魅了されました。

本当にこの作品は、ドラマと言うより絵葉書をみているようなそんな気持ちにもなるドラマです。

ただ景色を見るだけでも素敵なドラマですので、ドラマが苦手な方でも見ていただけるのでは、ないでしょうか。

 

Best3:その冬、風が吹く・全16話(2013年)

韓国ドラマ「その冬、風が吹く」はノ・ヒギョン作家が執筆した正統派ラブストーリーで、愛を信じない2人の男女の物語。

出典元:https://www.wowkorea.jp/

この『その冬、風が吹く』は、実は、日本のリメイクドラマで、日本版は、夏を舞台でしたが、韓国版では、真逆の季節の冬。

ぴよ吉
ぴよ吉
日本のドラマのタイトルは、『愛なんていらねぇよ、夏』って韓国のタイトルの違いすぎ!

韓国の作ノ・ヒギョン作家が、日本の原作のスリリングさを維持しながらも人間の情などを深く描き脚色したことで繊細で美しいラブストリーとなったようです。

TBS系で放送されたドラマ『愛なんていらねぇよ、夏』とこの韓国ドラマ『その冬、風が吹く』とを比較しながら視聴するのも面白いかもしれませんね!

 

Best4:秋の童話・全21話(2000年)

『秋の童話』は、秋の美しい映像をバックにした悲しく切ない物語。ウォンビン、ソン・スンホンら韓国イケメン俳優、ドラマ『オールイン』で実力派女優として開花したソン・ヘギョなど、キャストにも注目!韓国では最高視聴率42%を記録した大ヒットドラマ。

出典元:https://www.wowkorea.jp/

みなさんもご存知だとは思いますが、ユンソクホ監督の四季シリーズの1つでもある『秋の童話

みなさんも、ユンソクホ監督の作品が、韓流ドラマデビューとなった人も多いのではないでしょうか。

ユンソクホ監督の作品は、日本の一昔前とイメージするような恋愛ドラマが多いですよね?

ぴよ吉
ぴよ吉
金持ちと貧乏、三角関係、病気、海、死が盛り込まれていた当時の韓ドラはあるあるなんだけど、本当に涙なしでは見れなかった。

また、ソン・スンホンさんやウォンビンさんなど豪華メンバーがキャストとして出演しているのも有名な作品です。

 

Best5:オール・イン・全24回(2003年)

『オールイン』は、実存するギャンブラーを題材にしたドラマ。今まで韓国ではカジノやギャンブルというのは良いイメージではなかったが、そのギャンブルの世界を題材にしたということでも話題になった。ギャンブラー役を演じるのは映画『JSA』『恋愛中毒』のイ・ビョンホン。

最高視聴率47.7%まで弾き出したイビョンホンさん出演の『オール・イン

この『オール・イン』は、現役プロの囲碁将棋士チャミンスさんが、モデルなんだとか・・・。

ぴよ吉
ぴよ吉
えぇ〜そうなの?知らなかった。

チャンミンスさんは、若い頃に、アメリカでポーかと麻薬三昧の日々を送ったそうです。

当時も日本での韓流ドラマは、涙なしではみれない恋愛ものが多かった中、このドラマはまた違った意味で日本のファンを魅了させました。

日本のテレビの水準を遥かに超えた、TVドラマの域を超え、映画のようなスケール!

そんなスケールの大きさが、さらに韓国ドラマは、面白いと印象づけさせたドラマの1つになったのではないでしょうか。

 

まとめ

1996年にデビューした、モデルから女優とデビューしたソンヘギョさん。

そんなソンヘギョさんの出演ドラマの作品一覧と、2023年度版人気ランキングをお届けしました。

ソンヘギョさんは、女優デビューから出演ドラマ作品の一覧から、21本のドラマと10本の映画に出演していることが判明!

また2023年版、ソンヘギョさん出演ドラマランキングもお届けしましたが、ランキングの中に、あなたの好きなドラマはランクインしていましたか?

その他、『今別れの途中です』や現在Netflixでも配信され大人気の『グローリー』もおすすめのドラマです。

まもなく『グローリー2』も配信されますのでぜひそちらも視聴してみて下さいね!

ぴよ吉
ぴよ吉
最後までお読みいただきありがとうございました。